住宅ローンは、金融機関ごとに金利が異なっています。
低金利の金融機関もあれば、やや高めに設定しているところもあります。
そのため、住宅ローンの借り換えは、非常に良くおこなわれています。

 

金利の高い金融機関から金利の低い金融機関に鞍替えすることで、
支払う利息の額を減らすことができるのです。

 

たとえば金利3%の金融機関で1000万円を借りたとすると、
発生する利息は1年で30万円です。
しかし金利2%の金融機関に借り換えをおこなうと、
1年間で20万円の利息で済むようになるのです。

 

単に金利の差だけを見ると住宅ローンの借り換えは
非常にメリットが大きいように感じられますが、
実はデメリットもあります。

 

それは、借り換え手数料がかかるということです。
金融機関によっては数十万円もかかるので、
借り換えをおこなうことでかえって負担が増えるという場合もあるのです。

 

借り換えをおこなう際には、
金利だけでなく手数料も考えた上で、
細かくシミュレーションをしておいた方が良いと言えます。

 

 

 

マイホームを購入することは働く人にとって目標の1つであり
働くためのモチベーションにもなりますが、
大半の人が住宅ローンを組んで購入しています。

 

住宅ローンは金融機関より借りることになりますが、
経済情勢によりローン金利は変動します。
なのでマイホームを購入した時に比べて10年後には
金利が低くなっていることもあります。
そんな時に他の住宅ローンへ借り換えをしたほうが
支払利息を抑えられてお得になることがあります。
ローン借り換えにはローンを組む時と同様に、
手数料が必要となります。

 

残っているローンの支払い金利額とこの手数料を
すくめて考えて総支払額が本当に安くなるのかどうかを
吟味してから借り換えするかどうか決断する必要があります。

 

借り換えをしないで良いように最初にローンを組む時に
慎重に選ぶことが大切です。

 

不動産屋を通して購入する場合、
どの金融機関から借りるとお得なのか提案してもらえますし、
ネットでも簡単に見積もり出来ます。

 

 

家族の構成や年収によって、
住宅への思いというものはきっと変わっていくことになっていくのではないでしょうか。

 

最近マイホームを購入していくような流れが増えてきたことで、
住宅ローンに関しての関心が高まっているという風にも言えるのでしょう。
金利の基礎の基礎を学ぶセミナーや金融機関からの借り換えなどのシステムを
きちんと把握してから実際の行動へ移していこうというようにする動きが出てきているのです。

 

また今述べたような手法で事を進行させていくことが賢明であるということは明白であるため、
個人的にもこの方法をおすすめしていきたいものですね。
最新の不動産関連の情報にも気を配っていくようにしていくことで、
これからの展望にも明るい兆しというものが出ていくようにもなっていくのです。
よって、ライフスタイルにまで深く介入していくことにもなっていく住宅ローンに関しての
内容を隅から隅まできちんと見るようにしていくことが大事でしょう。

 

 

住宅ローンの借り換え審査を通りやすくなる小さなコツがあります。
ちょっとした工夫で審査に良い影響を与えるのが、
申し込み書類の準備と記入の仕方です。
基本は不足書類や間違いがないか完璧な状態にすることです。

 

審査の上でプラス要素をアピールするための資料を
用意できるならば絶対に準備する事が大切です。
これは年収や勤続年数など、審査に影響する項目について
金融機関に伝えておいたほうが良い情報やそれに関する資料があれば
提出するようにしてください。
そして必要書類の中で大量にコピーを取ることになると思いますが、
コピーは全てA4サイズに統一しましょう。
薄かったり、肝心なところで切れていると審査がストップしてしまいます。
申し込み書類の書き方ですが、綺麗に丁寧に正確に書きましょう。

 

完璧な申込書を書くためにやってもらい事があります。
その方法とは、記入する前に、申込書のコピーを取って、
まずコピーしたものに書いてみるのです。
そして書いてみると気付くと思いますが、
どう書けばいいのか分からない箇所が出てくると思います。
そんな時は、しつこいくらい金融機関に
問い合わせて正確に書くようにしましょう。

 

 

カードローンで借入をしていませんか?
カードローンでたくさん借りているということは
毎月の収入に占める支出が大きいと銀行は判断をします。
そこに住宅ローンが加わった場合、はたして返済は大丈夫なのだろうか
といったリスク要因になります。
銀行によると、どのくらいの金額を借りていて、それは返済可能かどうかが
ローンの審査対象になります。
参考:お金を借りたい! キャッシング、カードローンの即日融資

 

カードローンの金利は、たとえば1万円を年利15%で一週間借りた場合では
約28.77円となります。(1万円×年利15%÷365日×7日間)
ところが50万円を同じ条件で30日間借りれば、金利だけで6164円になります。
50万円の借入として一年間に支払う金利の合計は7万3968円になります。

 

毎月利子だけを返済して元金をそのままにしておけば
その人の信用力は大きく下がることになります。
毎月利子だけ払ってくれる借り手は、貸し手にとって上得意客でなはく
実際は逆のことになってしまいます。
利子だけを返済する状況を続けるのは危険なことです。

 

カードローンの利用も使用情報機関に登録をされます。
もし、返済が遅れたりすれば、今後住宅ローンを組むときに影響が
出てくる恐れがあります。

 

 

クレジットカードの場合に支払が遅れ、
カード会社から督促の連絡が来てもその後にに支払を
済ませていればとくに問題はありません。
ただし、クレジットカードの利用状況や決済日のデータは、
信販会社、クレジットカード系の信用情報機関のCICに
記録をされていますのでとくに長期の延滞などは
信用事故情報、すなわちブラックとして残ってしまうので注意が必要です。

 

住宅ローンを取り扱っている金融機関では、住宅購入資金を融資するかしないかを
決めるポイントを申込者本人の返済能力の有無としています。
もしもローンの申込者がクレジットカード決済を長期に渡って延滞をしている
信用事故情報があれば返済能力に欠けていると判断をして融資査定の際に
マイナス点になるでしょう。

 

CICでは、クレジットカードの契約内容やすべての利用状況は
カード会員が退会後の5年間は保存をしています。
信販・クレジットカード系と消費者金融系の信用情報機関が行なっている
利用状況の保存期間は5年間で、自己破産など信用事故の場合は
7年間保存され、それを過ぎればデータは抹消されます。
一度融資を断られたとしても、保存期間を過ぎれば
その後は住宅ローンを組める可能性も出てきます。

 

銀行と消費者金融は、信用情報(ブラック)をやりとりしています。
したがって、銀行は借入金の長期延滞や自己破産などを信用情報機関を通じて
知ることができます。
もしも自己破産をしていれば当然ながらローンを組むことはできません。
でも、消費者金融に借入があったり、クレジットカードの決済が延滞したぐらいで
住宅ローンが組めないとということはありません。
しかし、住宅ローンを査定するときのマイナスの要因になることとなります。

 

銀行では、住宅ローンを組む場合、ローンの申込者を点数制で査定していて
一定の得点以上の人に限ってローンに応じるからです。
点数化する項目は、年収や勤務先、勤続年数などがあげられます。
そして、この項目に消費者金融での借入実績も含まれているのです。
そうしてことから、実際に住宅ローンを申し込んでも消費者金融などの
借入を理由に断られた方々がかなりいるとみられています。

 

民間金融機関がどのような理由によって住宅ローンの借入申請を断った理由に
消費者金融からの借入歴、公共料金引き落としの事故歴があげられています。
近い将来に住宅ローンの利用を検討している方は消費者金融などでの
借入れには気をつけておいてほうがいいでしょう。

 

最近では、銀行が消費者金融会社と提携やグループ企業として消費者金融事業に参入をしています。
参考:キャッシング即日 | 今すぐ借りるキャッシング・カードローン
そのため消費者金融で借りていることはマイナスの要因としては
それほど大きなものでないかもしれません。

 

 

マンション経営とは、単純に言うと、マンションを購入し購入したマンションを賃貸して
収入を得るということです。

 

しかし、マンション経営と言ってもそう簡単にできるわけではなく理由と目的が必要です。
ただ単に、マンションが好きだから、あるいはマンションがほしいからという理由で
マンション経営をする人はまずいません。
なぜ、マンション経営をするのかという目的をしっかり見定めやっていく必要があります。
きちんとした基盤がないとマンション経営をやっても意味がないということになります。

 

まずは、優れた立地条件のマンションを選ぶことが必要になってきます。
マンション経営が成功するかどうかは、立地条件でほぼ決まると言っても過言ではありません。
着実なリサーチにもとづいた最高のロケーションを持つ立地条件を選択しなければなりません。
そして、できるだけ長く資産価値を保つことができるマンションを選びが、大切となってきます。
入居者に対する優れた住環境の提供をはじめ、長期に渡る修繕計画までを配慮もしなければなりません。
そして、サポートの充実しているマンションを選ばなければなりません。

 

マンション経営は、購入してから本番となってくるのです。
情報提供、各種割引、講習会などのサポートが充実していることが
マンション経営をするためのポイントとなります。
軌道に乗ることができればマンション経営は、安定収入を継続的に得られるメリットがあります。
成功すれば、実際、働かなくても収入を得ることができるので、とても有意義な不労所得になります。
投資利回りは、ワンルームの場合で、大体、4〜7%となっていて、比較的安定しています。
ハイリスクでハイリターンの高利回りの商品と比較しても
マンション経営の投資利回りは安定的だと言えます。
賃貸用不動産は相続財産の評価が低いので、マンション経営をすると、支払う税金を抑えることができます。
マンション経営は、少ない資金でも始められ低金利で借入が出来る場合には、
おすすめできる投資の1つです。
金融商品としてもマンション経営は大きな魅力があり、
借入をする場合にはほとんどの金融機関が変動金利を適用しています。

 

 

 

 

"不動産投資"は、「ミドルリスク・ミドルリターン」であることは説明をしてきました。
ここで不動産投資に関するリスクについて解説していこうと思います。

 

不動産投資のリスクには、人災・天災が与えるリスク
計税情勢の変動によるリスク、家賃収入に関するリスク、
借主はマーケットに関するリスク等が中心になります。

 

 

それぞれについて概要を説明します。

 

 ・天災・人災に関するリスク:天災によるリスクとしては、
  地震・火災などによる不動産自身の損害や、河川の氾濫や土砂災害による
  不動産の損失もしくは資産価値の低減が挙げられます。
  特に地震大国日本では、地震による不動産の損害も無視できませんし
  火災などもあり得ます。また人災としては、対象不動産での事件の発生
  (強盗・殺人・自殺など)や事故(建築物からの看板などの落下や
  反射快活道の拠点になったり、やくざの居住などが挙げられます。
  これらの影響により賃料が入らなくなったり
  賃料を下げざるを得なくなったりするリスクです。

 

 ・経済情勢によるリスク:
  経済情勢によるリスクとしては、借入金利の動向・預金金利や
  長期国債の運用・金融機関の不動産融資情勢等によって、
  不動産投資に向ける資金などの部分も含めて考える必要があります。

 

 ・家賃収入のリスク:
  家賃収入のリスクとして、空室がある場合や借主の中途解約
  賃料の下落・滞納リスクなどがあります。

 

 ・借主・マーケットに関するリスク:
  借主の属性(店舗、事務所・住居)と賃貸不動産の受給などの要因で賃料が下がる懸念があります。

 

 

"不動産投資"のリスクは、大まかにまとめるこのようになっています。
それでも土地がある限り、全くゼロにならないことから不動産投資はリスクが少ないといわれています。

今までは、"不動産投資"の不動産取得・維持管理などのコストについて説明してきましたが
"不動産投資"を行って個人が賃料収入を得た場合の収入には、当然税金が課せられます。

 

この不動産所得に係わる税金について、忘れがちになってしまいます。
この個人にかかる不動産所得の税金の基礎になる不動産所得は、次の計算式によってなされます。

 

不動産所得=総収入金額−必要経費
(内訳:固定資産税・都市計画税・管理費・入居者募集費用・減価償却費・借入金の金利など)

 

不動産所得の税率は、所得金額に応じて税率が高くなる超過累進課税ですので
不動産所得が多いほど高い税率が適用されます。
また、不動産所得は総合課税対象ですから他の給与所得などがあった場合は
合算して最終税率・税金が課せられることになります。

 

所得税・住民税は併せると最低15%〜最高50%の税率となり
総所得が高ければそれだけ税負担が重くなってきます。

 

これと比べると、上場株式の配当金や上場REIT の収益分配金などは、
一律所得税・住民税併せて10%(2008年3月末までの特例)であるため
累進税率の不動産所得は、税負担が重いと言えます。

 

これらを勘案していくと、"不動産投資"の利益はぐっと低くなってきますし
"不動産投資"を行う人の所得によっても利益が変わることになります。